留学への第一歩。目標を見つけよう!

今、「留学」を考えているあなた。

 

その計画は順調ですか?

 

海外留学を考えたとき、「何のための留学なのか」をはっきりさせることが大切です。
でなければ、何から準備をしたらいいのかまったくわからない状態で、
いっこうに前に進めません。

 

まずは、目標をたてましょう。

 

「英語が話せるようになりたい。」
ちょっと待って下さい。その目標はあまりにも安易じゃありませんか。

 

海外留学の目標で、一番に挙げられるのは、やはり語学習得でしょう。
「英語が話せるようになりたい。」「グローバル化の今、英語は話せてあたりまえ。」
そんな思いで留学を考える人が大半です。

 

しかし、日本にいても英語の勉強はできます。
特にインターネットが進化した現在では、
わざわざ遠い海外に行かなくても十分に語学習得が可能です。

 

そして、「英語が話せる」それはただ単に言葉を話せるだけのことなのです。

 

この先皆さんは学業を終え、社会に出ていくことになります。
その時、「海外留学をしました。英語が話せます。」では、
さほど就職に有利になるとは思えません。
日本の大学で地道に学んできた人の方が、堅実に思われるでしょう。
大事なのは、英語を使って「何」が出来るかなのです。

 

せっかく「留学」という何かが見つかったにもかかわらず、
さらにその上の「何か」を見つけることは大変なことでしょう。
でも、何か好きなこと、やりたいことがあるはずです。
もう一度、自分についてよく考えてみましょう。

 

オシャレが好き、スポーツが好き、音楽が好き。
こんな風に好きなことを挙げてみてはいかがですか。

 

または、マーケティングに興味がある、IT関係がこれからますます伸びるだろう、
実務的な考えも目標探しの手だてになります。

 

例えば、動物が好き→自然保護に関わりたい
→自然といえば、オーストラリア?→どんな勉強をしたらいいのか→いろいろ調べてみよう!
こんなふうに、留学準備の第一歩が見つかるかもしれません。

 

また、学生の海外留学には、保護者の理解と援助が必要です。
お父さん、お母さんを納得させ、安心してもらうためにも
「英語が話したい」だけではない「何か」がその先にあることを話せたほうが
ずっと説得力が上がります。
きっとあなたの将来を応援してくれることでしょう。

 

海外留学を志したのなら、今、あなた自身についてじっくり考える良い機会だと思います。

 

たとえ、目標が決まり、準備万全、いざ憧れの国での海外生活が始まっても、
日本とはまるで違う習慣に戸惑ったり、困難にも見舞われるでしょう。
そんな時、海外留学を決め、あれこれと準備を始めた頃を思い出して下さい。
自分のこと、将来のことを思い描いた時のことを思い出して下さい。
きっと、「大丈夫。頑張ろう」と思えるはずです。

 

そのために今、万全の準備をしてください。
あなたの留学は人生でかけがえのない経験になることと思います。

 

 

滞在スタイルを考えよう。ホームステイを手配する。

海外留学を計画したとき、
まずは目的、渡航先の国・町の選択、
大学か語学学校か教育機関の検討、などなど、いろいろと考えることは多いですね。

 

留学のおおまかな計画が固まってくると、
「滞在先」はどうしたらいいのか、と考えるでしょう。

 

まず、最初に思い浮かぶのはやはり「ホームステイ」でしょう。

 

学生留学の場合は特に「家庭」に滞在する形のホームステイは、
日本での生活とあまり変わらず安心感があります。

 

また、最初の英語でのコミュニケーションの場所として、
ホームステイはぴったりな滞在スタイルではないでしょうか。

 

一般的に、ホームステイである期間を過ごした後
(数週間から数か月、その人によってさまざまです。)学校の寮や、
シェアハウス(友人同士または他人同士)に移動する、というケースが多いようです。

 

では、最初のホームステイ先はどのように見つけるのでしょうか。

 

留学する語学学校や大学が決まったのなら、たいていその教育機関にある
海外留学生用のサポートセンターが滞在先の斡旋を行っています。

 

あるいは、留学そのものを日本の留学エージェントに依頼しているのであれば、
ホームステイの手配もサポートの一つに入っているので、利用するのが良いでしょう。
 

 

この時、注意したいのが「斡旋料」が発生することです。
それが妥当な金額なのか、支払わなくてはならない料金なのかをきちんと把握しましょう。

 

いくつかの留学エージェントのウェブサイトを見て比較すれば、おおよその“相場”がわかります。

 

またはワード検索で「ホームステイ 料金」などと検索すれば、
さまざまな情報を得ることができます。

 

ホームステイに限らず、正確な情報を入手することが
留学を成功させる鍵となることは言うまでもありません。

 

では、ホームステイを滞在スタイルとして選んだら、
次に「ホストファミリーの希望」を申し出ることが可能です。

 

渡航先でどんな家庭に滞在したいかを、
留学する学生から選べるので自分にあったホームステイを考えましょう。

 

例えば、夫婦に小学生の子供のいる典型的なファミリーとか、
あるいはあまり賑やかなのが苦手な人は、子どもが独立したシニア夫婦とか。

 

ペットを飼っているか等の情報も事前にわかるので、
動物アレルギーのある方は必ず調べておきましょう。

 

留学前になると(わりと直前です)サポートセンターから、
ホストファミリーが決定した連絡が入ります。

 

そこで初めて家族の名前、家族構成、職業、
そして簡単な家族の紹介コメントも添えてあると思います。

 

ホストファミリーの住所もわかるので、
インターネットのマップ機能で場所を検索してはいかがでしょうか。

 

リアルな風景を見ると、これから暮らすことになる異国の地に胸が高鳴ることと思います。
新しい家族との対面が楽しみですね。